ネイリストの仕事

ネイリストのお仕事とは?

  • どんな働き方があるの?
  • ネイリストの一日
  • どんなスキルが必要なの?

どんな働き方があるの?

  • ネイルサロン
  • 独立開業・フリー
  • ネイルスクール
  • ネイル用品メーカー
  • 美容院・エステ
  • その他の業界

ネイリストの一日

どんなスキルが必要なの?

ネイリストとして働くために必要なのは3つ、「基礎知識」「技術」「接客対応」です。
POINT 1 ネイリストに必要な「知識」と「技術」
爪の基本的な知識

爪の構造や病気、皮膚に関する事など爪にまつわる体の仕組みを知ることで、
必要なネイルケアや爪に異常があった場合にやってはいけない施術などが見極められるようになります。

爪の基本的な知識
  • ケア

    爪の構造や病気、皮膚に関する事など爪にまつわる体の仕組みを知ることで、 必要なネイルケアや爪に異常があった場合にやってはいけない施術などが見極められるようになります。

  • フットケア

    甘皮のケアはもちろん、爪の長さや形を整えたり足裏の角質をケアをします。

  • マッサージ

    適量のクリームやローションを使って血液やリンパ液の流れをよくする為にマッサージを行います。 美しい爪の成長に役立つだけでなく腕の疲れや肩こりなどリラクゼーション効果もあります。

  • カラーリング

    ポリッシュ(ネイルカラー、マニキュア)を使って、爪に色を塗るカラーリング。 施術の手順としては、ベースコートを塗り、カラーリング、 トップコートを施します。カラーリングを落とすには、リムーバーを使います。

  • ネイルアート

    グラデーション、マーブル模様などネイルにデザインを施します。 主にフレンチネイル、ラメ、ホログラム、3D、ペイントなどに分類されます。

  • ジェルネイル

    紫外線(LEDライト)で固まる合成樹脂で作るネイルです。 耐久性・持続性がよく爪への負担も少なくツヤのある美しい爪に仕上げる為、 ネイルサロンでは圧倒的な需要があります。

  • スカルプチュアネイル

    専用のアクリルパウダー、リキッドを使って自分の爪を延長する要領で 希望の長さ、形を作れるネイルです。 自分の爪にピッタリとフィットし、簡単に取れないのが特徴で、硬さもあり、丈夫ですが、 浮いてくると隙間に入った水分でカビが発生することがあり、 2、3週間ごとにサロンでのケアが必要となります。

  • オーダーチップ

    個人の爪の大きさに合わせて作るネイルチップのこと。両面テープで爪に貼り付けるので、 必要なときだけ利用できる手軽さと、複雑なデザインや3Dアートなど時間のかかる デザインでも出来上がりを付けるだけなので、施術時間が節約できます。 但し両面テープでつけるため、はがれやすいのが難点です。

  • 爪のトラブル対処(リペア)

    「爪がはげてしまった」「爪が2枚づめになった」「爪が折れた」など様々なトラブルにも対応できる技術も必要不可欠です。

point2 ネイリストに必要な「接客対応」
接客対応

お客様に対する言葉遣い、ご予約を承る際や苦情の際の対応の仕方、
メールや手紙などを送る際の文面などお客様に誤解・不快感などを与えない接客のマナーが必要です。

無料体験申込 資料請求
無料体験申込

  • エースジェルセミナー
  • ネイルデダンスセミナー
  • ソネ検 キューティクルニッパー ハンドリングセミナー
  • VTCテクニカルセンターセミナー
  • 衛生管理セミナ―
〒104-0061 東京都中央区銀座
2-11-2銀座2112ビル4F